アルカディアは無かった

2014年5月30日 at 19:45 (逆ドラ)

逆ドラ完全無料化宣言。

theend収益が無いものは伸びない。今後新しいイベントはないだろう。つまり終焉と考えて間違いない。サービス終了まで、まったりとつつくゲームとなった。イベントはなくてもストーリーは最後まで出してくれると信じている。

 

ギャラダンの失敗を考えてみたと同じように、逆ドラの失敗も出してみる。

1)ソシャゲとしての問題

戦闘時間が長かった。ガチャ産EoLv2のSR+艦隊であってもだ。休憩にちょっとつついて魔力消費ができなかった。もちろん、慣れていれば途中で再開できるのがわかっててたけど、キリが悪かった。

・ドロップ後に石板を使う必要があった。石板は魔力回復で使うことで経験値が入る。レベルが上がると楽しくなるはずなのにそれを遅延させた

・臨場感が少なかった。ゲーム内ユーザーと協力してポイントをためるイベントはあったものの、協力している臨場感がなかった。拡散性MAの初期は妖精を協力して倒してたし、大納言イベントではフレとの協力必須だった。もちろん他のゲームのスクスト、メルストにはそれがある。時を共にするのがソシャゲのフレンドだ。

・経験値を与えるカード(ペケ)を取りにくかった。イベントで特効出しても育てる間もなし。MAのようにガチャゲーにするのか、メルストのように15限界突破を示した育成ゲームにするのか判断に困る状態だった。

・課金者優遇が少なかった。バトルシステムで「敵から攻撃を食らうとラッシュゲージが上がる」システムで、ノーダメージでバサバサ倒してもスキルは貯まらず、結果として戦闘時間短縮ができるのは1撃で倒せる程度までだった。絶対的爽快感を課金者に与えるべきだった。

2)ゲームとしての問題

・運と戦略的スキルタイミング、デッキ構成とフレンド選択とゲーム性が高く良かったものの、逆に言うとどれかが欠けると苦しくなる問題がある。ゲームとして楽しめる敵の強弱をつけにくかったのではないだろうか。

・カードのレベルが上がりにくい問題。ペケが出るまで苦しかったし、ペケで石板開封しないと経験値も時間がかかって稼げなかった。

・無課金で遊べすぎた

3)全体の問題

・コラボしづらい状態だった。たくさん絵師がいるカードゲームでは、他ジャンルの人を引き入れるためコラボ必須。スクフェスのようにラブライブというアニメファン、音楽ファンをつかんでいるならいいんだけど、ユーザーの種類と数を集めないとダメ。

・宣伝してないため、ユーザーが少なかった(複垢を含め1万いっていない)

・Wikiが死んだ

 

良かったところ

・効果音、アニメーション処理、戦闘スキルの重ね掛などバトルに戦略性があった

・カードの質が良かった、統一性やエロさやかわいさなども十分にあった

・ストーリーがあり、キャラを掘り下げられる部分があった

・丁寧なイベントの説明、キャラクタの選定など凝っていた=イベントがないときはつまらなくなる

広告

パーマリンク 1件のコメント

まとめて

2014年5月27日 at 01:26 (逆ドラ, 拡散性MA)

逆ドラは300層突破(おととい)。

tandoku300動画も固定リンクにこっそり追加しておいてある。

そして昨日は

300sou300層を超えたフレが4人出た。(500層越えのフレがいる)

地味に固定リンクに螺旋で出る敵等をメモしてある。

 

拡散性MAはVita版カード販売開始。カードを量産・・・もう何がしたいのかわからない。どうしても資金を集めたいみたいだけど・・・とりあえず引いてみたけど、どうも偏った出かたをするみたいだった。そういうことをするから嫌われるって知ってないのだろう。

 

パーマリンク コメントする

崩壊の序曲

2014年5月25日 at 21:14 (拡散性MA)

大納言修正から気になってたことがあったので、まともな1列デッキになったところで検証。

kihonシズクの250%UPスキル発動させ、その後剣サーのスキルを発動させると

sukiruこのくらい。以前は2.5*5.5=13.75倍だったのに、1+2.5+5.5=9倍に・・・

不具合ではないけれども

に書いたように「大納言エル」のスキル以外も修正されているような・・・つまり、今のどーにゃつガチャのMRカードは要らない子・・・言葉は正確ではないし、もう破綻寸前になりかけてる。大納言以外も倍率は加算修正されているので、その点は注意してほしい。

 

崩壊の序曲は開始されていると思っていい・・・残念だけど始まりのあるものは終わりがある。

パーマリンク コメントする

靴下魅惑のマーメイド

2014年5月23日 at 01:22 (拡散性MA)

御祭性乙杯型マーメイド実装。

oppaiリミチー付きなので早速

esakui女王のペアができた。そこに大納言を足すと結構いい。逆に大納言が要らないかもしれない。なおエサを大量に摂取しないといけなかった。1枚でLv110はいいんだけど、逆合成が効かず苦しい。

 

描き下ろし美琴のホロリベンジしたかったけど、

esanaiこっちのホロが出た。残念だけど1枚でLv110は良い。ただエサがもうないのでもう一つの風呂も育成を放棄している。

パーマリンク コメントする

進化するけど絵がかわらn

2014年5月20日 at 00:31 (拡散性MA)

途中で力尽きた感じが・・・合成アイテムが緑POTの絵だったり・・・

 

まず、覚醒は大納言+女王ニャンダム+αが必要となる。αは回復。

plus1HPを高くすれば結構楽にステルスできる。ただBC消費が・・・大納言下方修正は大納言持っていない人にとってはチャンスとなる。

 

そして、今回の進化合成の肝は

shinkagとある因子。なお因子持ってても6月の途中までしか使えないし、本当に必要なら課金やリミチー必須となる。使うのが難しいオモチャ状態なんだけどなぁ。ガチャでSR+は出るものの

gacha確率的にSRが大量に排出され気分が悪くなること間違いなし(この後SR+たちがおいしく頂きました)。

 

そしてやっとまともな進化合成の式となる。

holotoholoホロはホロになる。当たり前のことがやっとわかったみたいだ。禁書が好きな人は、ガチャとランキングをどうぞ。私も300位目指してるんだけど、どうも敵の出現率の低さにより手間取っている。討伐数ランキングは穴があり、複垢等を用意すれば結構上位になれる。それを恐れて敵の出現率を抑えたのなら賢いと思う。

 

来週のカードが追加された時が真のランキングのスタート。まずは中間1000位以内がこのイベントの目的となる。なお、禁書が嫌いな人は適当に討伐してデイリー報酬をもらうと吉。

パーマリンク コメントする

サーバの調子が回復

2014年5月19日 at 19:10 (逆ドラ)

サーバの調子が回復。

logindakeログインするだけで一気にアイテムがもらえる。始めるなら今だし続けてる人は石板を大切に使って欲しい。

 

また次の土日に多めにプレイして螺旋の奥へ。

パーマリンク コメントする

ネタが無い理由とは

2014年5月18日 at 11:43 (逆ドラ)

ということで・・・螺旋空洞は200層を超えて1ステージ戦闘時間が長めなので休憩時間に手軽にできない。土日を利用して∞ペケも回しておかないといけないし、キンペケで金策もしないといけないんだけど・・・

 

とりあえず落ち着いて他のゲームをするのが吉。

パーマリンク コメントする

2014年5月17日 at 19:20 (携帯電話・スマートフォン)

目が回るほど廻ってきた。

mercアースドラゴン自体は強くないんだけど行くまでが辛い。特に前衛が水だとホント即死級のダメージ喰らうし。火の前衛持ってないわけじゃないけど、ユクの破壊力を捨てられない。基本はワイバーンとウインドブレイク。途中までは破壊力のあるガンナーでもいいんだけど、アースドラゴン戦がちょっと遅くなってしまう。

 

このゲームのコツはWikiとか見たらわかる。個人的な情報を付け加えると

(1)リーチの短い、タフネスとHPが多い前衛か、SR以上の硬い前衛を集中的に育てる。(ユクが対BOSS最強なのは言うまでもない)

(2)前衛はワイバーン装備でガッツを上げれば耐える。これとテラーロアー系があれば全てのBOSSに勝てる。

(3)前衛と同属性の攻撃力が大きい回復(できれば複数同時回復)を用意

しかし簡単なゲームで飽きが早いのが難かもしれない・・・

 

追記:動画置いときますね

パーマリンク コメントする

石板配布開始

2014年5月16日 at 23:29 (逆ドラ)

石板配布が開始された。5月の終わりまでログインは欠かさないように。

deyasuku確率が上がったらしい。Twitterを見ていてもSR+を出している人は多い。

zenbusrpほぼすべてのSR+が出るはず。絵柄は選べないけど。

 

そして闇と光の邂逅常設とアドレイド常設化予告。

adrアドレイドは敵としては強くないので、EvoLv3にすれば強くなれる(スキルが非常に良い)。1周年に近いのでリニューアルする予感がしている。

パーマリンク コメントする

不具合ではないけれども

2014年5月16日 at 23:16 (拡散性MA)

突然の大納言の修正。

dainagonそりゃ大納言+女王ニャンダムで特効が一切いらなくなるからね・・・バランスブレーカーであったことは間違いないんだけど。

kasanどうやら大納言だけらしい。ほかの倍率カードは無事のようだ。

 

しかし、大納言の性能のおかげで男性カードが売れたのにその仕様変更をして、男性カードの資産価値を下げようとしている。

が、元々ゲーム内カードの資産価値が0なので・・・

 

ただお分かりのように、知っていて修正してなかったことは間違いない。男性カードの価値を一時的に拡張させて煽っていたのだから。5か月も気づかないわけがないのに、今さら変更したのはバランスブレーカーとして認定されたから。正直に強すぎたので修正しました、って言わないところが運営のダメなところだ。どちらにしても男性カードを買わされた方はご愁傷様ということに・・・ただ金銭が動いているので詐欺としても適応できるから正直に仕様変更しますね(^v^)の文章にしなかったのだろう。

 

全員が平等に仕様変更を受け入れなければならない・・・そして武器を失ったアーサーは路頭に迷うだろう。

パーマリンク 1件のコメント

Next page »