第1期~拡散性MAの裏歴史

拡散性MA第1期(2012年4月9日~2012年7月14日)裏歴史

4月・・・妖精のケルピー討伐報酬は3種類あり、ケルピー・デュラハン・ペッグパウラーであった。このうち、ペッグパウラーは水死体のように見え嫌われていたが、一部の愛好家によって支えられた。また、開始直後からパケット解析によるBOTが作成されており、5月の黄金の竜王戦でその存在が表に出た。無課金だけどSR出たという、無課金であることを誇らしげに語る者が生まれた。

 

5月・・・誰でも戦えるパッチなどチートGUIや、巡回してバトルを自動で行うBOTの出現により、中華がランキングを独占し、その後BAN。また、妖精は実装された直後にドロップが解析され、手に入れようとするカードの画像が2chで示されたり、誰が一番最初に妖精ドロップのSSを2chに貼るかで盛り上がっていた。剥ぎコラ、ガチャ大会、ローエングリン党などの派閥が生まれた。特異型リトルグレイのSSが2chに張られて荒れたのもこの時期である。

 

6月・・・イベントの周回報酬を取るための「支援型オーダー」を大量に集める猛者が出現した。その周回報酬であるミノアールは、ローエングリン党を刺激するグロ画像の材料として確立する。イベントマップはある条件を満たすと飛ばすことができ、無料でペリドッドを取るバグもあった。デッキUIが修正され、ビスクラヴレットを使った効率の良い「ワンパン」が始まる。また、イイねで会話できるようになった。コメントの編集で「お詫びはよ」が横行し、2chねらとその他の区別がつきやすくなった。

 

7月(前半まで)・・・覚醒妖精実装初日にSRのドロップ確率がゆるく、裏で確率を修正したりして差別が行われていた。また、人によってドロップテーブルが違うことが分かり、IDによるグループ分けがあることの証明となった。また、POT増殖技もこの頃から編み出されていたことが判明している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。