確かにそれは拡散性だった

2015年10月28日 at 23:23 (携帯電話・スマートフォン)

拡散性MAA終了(あと一か月後

何故終了するのか

endofmaa(1)Vitaベースにもかかわらずイベントが無かった。曜日秘境放置プレイのようだった。

個人的には拡散性MAをぶっ壊すようなインパクトのある改造がされてると良かった。同じゲームを新しいセーブデータでするほど、優しいゲームじゃない。それがソシャゲ。スマホ版拡散性MAのデータを完全に引き継げるとかで生き延びるなら別。

(2)ポチポチ後の「進化」がなかった。使い古された「限界突破」という搾取システムだけ残った出がらしのようだった。

(3)他との「差別化」が施されてなかった。

行動力無限の白猫、進化し続ける生きたデータのパズドラ、協力プレイによる地雷発掘の乖離性MAなど他と違うところがあるゲームではなく、それは3年前に流行ったゲームそのものだった。差が無ければ時間割いてお金払ってもらえない。

 

拡散性という名を引き継いだばかりにこうなった感じ。エクスタシスのほうが、まだよかったと思う。オンラインゲームは変化して形を変えなければならない。ラグナロクオンラインが最初のβから2次職実装・3次職実装・武器効果変化・スキル効果変更と「変化」をして生き延びてきたように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。