反撃の狼煙と消費者への注意

2013年7月17日 at 19:22 (拡散性MA)

さすがにやられっぱなしではないと思いたい・・・ので、スクエニより先に反撃の狼煙をあげておきます。

 

まずは、DoS攻撃について「電子計算機損壊等業務妨害罪」を適応してVPNサービスを提供しているところに責任を負わしてください。国内法が通るんで。警察に動いてもらってください。スクエニには法律部署もあるんですよね?本気でゲームできないんですけど|ω・`) 十分業務妨害されてるログ等を持ってなんとかしてください。刑事罰なんで刑務所送り確実です。

 

後日本国内でPC・サーバによるMACアドレス制限回避による複数アカウント作成やってる人は直接「不正アクセス禁止法」で前科一犯にしてリアルBANしてあげてください。こっちも刑事罰なんで科料程度で済むと思いますが現実世界からは干されると思います。

 

消費者側から訴えるのは嫌です。適切な対処をお願いします。

 

あと、FF14とDQ10で遊ぶ予定の方々へ。

日本オンラインゲーム協会

加入メーカー、ガイドライン等をよく読んでください。あるメーカーは加入してません。つまりチーターを許可している可能性があります。ご注意ください。

 

拡散性MAが嫌になってしまって別のソシャゲが面白ろそうだからやってみよう、と思っている方々へ。

http://www.internal.co.jp/products/util/ghostreplay/about/

遊んでいるタイトルがけがされてないか、確認してから始めてください。なおチートや寝マクロ、BOTは法律ではさばけません。

広告

2件のコメント

  1. うんぽ said,

    相手が海外からアクセスしてる場合は逮捕できるんですかー?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。