AER-1200LP 解析終章

2011年2月10日 at 21:22 (AER-1200LP)

今日はAER-1200LPから抜いたHDDを直接SATAに挿して使ってみた。普通に使えた。よって、コントローラー故障も含めて個人レベルで容易に復旧まで可能なことを確認。2TBのリビルドは6時間程度かな。寝てる間に終わってた。

思った通りの動作に満足。HDDは消耗品。しかし、出来る限りの安定性を持たせることに成功したと思い込み中。

なお使ったハードディスクはAFTのWD20EARS。8の倍数セクタ開始に調整済み。もちろんRAID1から調整済みなので単体でも調整済み。SSDからコピーしたら110MB/sで単体のHDDとほとんど同じ速度。

RAIDドライバから離れられて満足。ディップスイッチの設定とHDDつなぐだけの気楽さ。復旧も楽々なんで長く使えそうだ。ということで、本使用開始。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110210_426117.html

AFTのディスクがまともに使えるようになるらしい。2TB越えHDDやC300などのSSDをお持ちの方は是非。

http://hpcgi1.nifty.com/yosh/sp/aft/

がわかりやすいけど2chでは嫌われてるみたい。Win7SP1待ちの人は苦労せずに楽しめます。たぶん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。