第5期~ 拡散性MAの歴史

拡散性MA第5期(2014年4月9日~2014年6月23日)

 

4月・・・正月に鬱袋として7700MCで販売されていた、BOSSカードのガチャ販売が行われた。課金者無双を助長するような圧倒的なスキルとステータスのカード販売であった。なお、鬱袋と同じカードも含まれていた。圧倒的有利さにより、廃ドラゴンマラソンにおいても課金者無双が繰り広げられた。大納言イベント系の歌ビスクラランキングもあり、一定の成功を納めたように見えたが、2周年のひずみは大きく、Appleストアの売り上げも今一つであった。後半にはにゃんこ大戦争とドラゴンポーカーとのコラボがあり、大納言と組み合わせるとBC80でどんな強敵でもなぎ倒せる「女王ニャンダム」がポイント交換により入手できた。神器と呼べるカードであった。

5月・・・ゴールデンウィークは笹パンダイベントが開催されたが、あまりの運ゲーで多くのユーザーを傷つけた。また、大納言+女王ニャンダムの組み合わせが強すぎたこともあり、大納言の仕様変更が行われる。この2枚のカードを持っていると一切の追加カードが必要なくランキング上位にいけるためである。カードの攻撃倍率が乗算から加算に切り替えられ、大納言以外のカードも倍率が乗算から加算にされてしまい、大納言以外のカードが産廃化した。大納言は倍率が元から高かったため、今も使える良カードとして残っている。

6月・・・ワールドカップがあるため、蹴鞠イベントの2回目が開催される。鼻フックでおなじみのコルマールが入手できる大納言イベの亜種であったが、覚醒のみがBC0で戦えるため、覚醒コルマールを発見するメザメールが人気となったが、別の強敵と混ぜるなどしてイベント妨害を企てていたためフレと協力できないユーザーたちを苦しめた。また、中盤の従妹イベントでは短い期間だけ従妹型リトルグレイ極を出し、確率を絞ったため多くのユーザーが苦しむ状態になった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。